寝ながら見る夢は、しばしば
つじつまが合ってなかったり
思わぬ展開についていけなかったり
何でこうなるの?というような
理解を越えた場面の連続だったりするのだ
けれど

現実の世界も、実は

つじつまが合わないことや
予期せぬ展開にあたふたしたり
理解を越えたアクシデントに見舞われることは
そんなに珍しくもなかったりする

もしかしたら
「現実」も「夢」のようなもの
なのかも知れない

 

yume