広島の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

家族

広い意味での家族や親戚とのこと、気づきを綴っています。

きょうだい

新年のあいさつを几帳面に交わしていて なんだか大人びたな 社会人になったんだな としみじみ感じつつあった次の瞬間 なにやら奇声が聞こえてきた はてな??? 行って見ると プロレスごっこに興じていた20代男子2名 激しい取 …

思い出になる日

所用のため母と妹が広島に出てきました。 ティータイムの後、母がトイレに立ちました。 店外にあるトイレ 妹と私は、あえて母を誘導せずに 店内で待っていましたが、 果たして母は無事に戻ってきました。 出口がいっぱいあって迷っ …

それは父の仕業だったのかも

父の七回忌の法要が無事おわった 予報通り、今週はぐずついた天気模様 今朝も小雨になったかなと思ったら 突然激しく降ったり それなのに お寺さんがいらっしゃるときは降らず 家にいる時は何の音?と思うくらい激しく降り お墓参 …

思っていても始まらない

80代の母が、顔の ある部分が気になって仕方ないというので 私なりに洗顔方法を伝えてみた 特別なことでもないけれど 母はあまり日常に活かせてないかもしれないこと ・ゴシゴシこすらないんよ ・泡をつぶさないように転がすよう …

ねじまき係

実家のことで妹と電話で相談しているうち、災害の話になった。 彼女の周りは大丈夫だったが、彼女の居住県も相当な被害を受けている。 妹「出かける前にニュース見とる?」 私「見てない」 妹「安全だと思っていても、突然がけ崩れと …

母の日こもごも

連綿とつながっているのですね。

父の美意識

子どもの頃、田舎に帰省するたびに 父は近所や親戚に土産物を届けていた。 そして先方からも何かしら頂き物をしていた のだが、父はその時にお礼を言った後 道やお寺やどこかで顔を合わせた際にも またお礼を言い、翌日までお礼を言 …

親が子に

親が子にしてやれること というよりは 母親でいえば 出産という経験をさせてもらい 授乳・おむつ替えに始まる 育児・子育てに関する諸々の体験と 悲喜こもごもを味わわせてもらい ヒトが人間に成っていく過程を 共に歩ませてもら …

ジャガイモの芽を

息子がじゃがいもを使って 何やら作りたいらしいのだが やれ、芽が出とるだの 何か白いものがついとるだのと 小うるさい。 彼は、大学生になった途端 私に「かまうな」宣言をしてから 自分で料理をするようになったのだが 時々あ …

おせちよりも

(画像はお借りしました) 帰省した息子は、おせちにほとんど手をつけず ほうれん草のおひたしや肉じゃがや出汁巻など 普段食卓に並ぶものを大量に食べていました。 念入りに出汁をとった雑煮用のすまし汁は 最小限しか口にせず、 …

1 2 3 8 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP