カウンセラーは
「大丈夫」なんて言わない

「まだ若いじゃないですかー」
なんてことも言わない

「これから楽しいことがいっぱいありますよ」
なんていうハズも言えるハズもない

そんな世間話の延長のような気休めや
安易な「助言」を求めて来たのではないことを
知っている

そしてただ一緒にいる

同じ気持ちで一緒にいる
誰か一緒に居てくれる安心感に包まれたとき
人は自らを生き始めることを
知っているから