援助職という言葉が
紛らわしいなと思うのだけれど

カウンセラーが上で
クライアントが下
なのではない

カウンセラーが完全で
クライアントは欠けている
訳ではない

カウンセラーとクライアントの関係は
対等なものだと思っている

そして
そうでない時
カウンセリングは進まないのではないか
依存が生まれるのではないだろうか

カウンセラーは
与えたり照らしたりする存在でもなく
ただクライアントにあることを
クライアント自らが気づいていく
そのお手伝いをさせて貰ってるだけだ

影っていうか
鏡っていうか
黒子にすぎないのだと思う