やきなす2

子どものころ、夏休みに祖父母の家に
帰省していた。
祖母の指示のもと、伯母たちが七輪で
焼いてくれた焼き茄子やピーマンの味と
匂いが今も忘れられない。

焼きピーマン

「どうやって食べても美味しいけど、
焼いて食べるのが一番美味しい。」
と言っていた明治生まれの祖母の言葉。

加算も減算もしない美味しさ。
毎年夏になると、まるで映画の中のシーンの
ように思い出される。