ふと出会った何気ない言葉に
ハッとさせられたり
憩いを感じたりすることがあります

「黙って咲いて
黙って散る
花は
人の評価を気にしない」

普段の生活に「評価」を気にする自分がいる
から何かを感じるのかも知れません

ハッとすることは既に自分の中にあること
そして同時に
その反対の自分もいるということ

私たちは無意識にどこかで
バランスをとっているのかも知れません。