窓を開けると
山にかかるような
小さな月と明るい星が見えた

地上がどうあろうと
このヒト(じゃないけど)たちは
ずっと同じように回ってるんだね

下を流れる小川のせせらぎが
まるでニセモノに感じられる
酷暑の夜