いろいろ考えてみましたが
月末まで考えてもたぶんこれ以上のことは
浮かんでこないなぁと思います。

強いて言うならば

生きていたこと

かなと思います。

私の臓器が私の体を守り動き続けてくれたこと
見えない運に守られていること

それに尽きるのですが
褒めるというよりは、感嘆と感謝に近い感覚ですが

どんな時も休みなく正確に動いてくれている
働いてくれている私の体に感謝して褒めたいと思います。

【2019年1月のお題-1】昨年の私、ひとつだけ褒めてください(くれたけ#103)たくさん褒めどころはあると思いますが、そのなかでひとつだけピックアップしてみてください。