感性を取り戻すためにできること

私たちは、常々何かと「評価」にさらされています。

絵を描くということでさえ
小学校に入ってからは「評価」がありました。

その結果、自分は「絵は苦手だ」と描くこと
そのものをためらってしまう方も少なくないかも知れません。

でも、誰に見せるためではなく

庭の花や、道端の野草をただスケッチしてみたり

空や雲や風景を写真に撮ってみたりして

そこに、感じた一言を添えてみる

「評価」に縛られて
「あるべき」の後ろ側に隠れていた本当の気持ちが

現れてきます。

私たちは、もともと誰でも
自分を表現する方法を持って生まれてきたのです。

 

参考文献:「内在価値を感じさせる国語教育の根幹」小川雅子著 溪水社

明日もきっと佳い日

門田 保子心理カウンセラー
個室やカフェでのカウンセリング、訪問カウンセリングを提供しています。Skype等でのオンラインカウンセリングにも対応しています。

カウンセリングのご予約・お問合せ

お気軽にコメントを!

次の記事

人生のシナリオ