img_1996

 

秋はすべてを楽しむためにある季節かなと
思います。

気温も湿度もちょうど良いのです。
髪も肌も1年中で一番整います(当社比笑)
人や自然、モノとの触れ合いさえも 気持ち
よさを感じます。

例えば、寝具の肌触りが気持ちよくて
自分と同化してる感じで(笑)離れがた
かったり、肌もさらっとして気持ち
良くて、朝起き上がりにくい楽しみ。

蟄中坏戸(ちっちゅうとをとざす)
と言うように、春夏に遠慮なくうろ
うろしていた虫たちが隠れてくれます。

実りの秋よし、食欲の秋よし、読書の秋よし、
芸術の秋よし、自然の移ろいの中で物想う秋
よしetc。
秋って、人生に例えると終焉のイメージです。
実りを手にし、最も美しきを飾って土に帰る。

冬は、「0」のイメージ。だからもぐってる
感じなのですが(虫ではないのですが・笑)
啓蟄までは、新しい季節に向けて自分の中で
いろいろ考えたり準備したりするのが楽しみ
です。

絵的には「こたつにみかん」で窓から雪を
眺めながら外に出ない的なイメージです。
実際には、目立たずうろうろしてたりとか
黙して雪の下で動いてたりする季節です。

温泉の温かさが、より一層身に染みたり
秋冬って楽しみだらけだなぁ。

より若い頃は、夏が一番好きで、秋冬って
苦手な季節でした。人間、変わるものです。