ファンタジー

例えば
住宅展示場のようなマイホームや
コマーシャルのような家庭や
白馬の王子との出会いや
雑誌のグラビアを飾る誰かにあこがれて

そこをめざして楽しめるのなら
喜びが苦難を乗り越える力を与えてくれるでしょう

もしそこに
何となく無理や違和感を感じるのなら
だんだん息苦しさを感じてくるなら

少し立ち止まってもいいんじゃないのかな

本当にあなたが望んでいることは
それじゃないのかもしれない
別にあるのかも知れない

私たちは
誰かに吹き込まれた理想や欲望を
しばしば
自分が望んでいるかのように
勘違いしてしまうことがあるもの

お気軽にコメントを!