迷っていたら
試しに「Yes」と言ってみる

迷うということは
半分「Yes」が隠れているのかも

どちらを選んでも心残りになりそうなら
「Yes」に預けてみる

これまでの思考パターン以外の
新しい扉が用意されているのかも知れない。