何もないように見える

何でもない朝が

もしかしたら

一番幸せなのかもしれない。