画像出典:映画「万引き家族」公式サイト

タイトルからしてドキッとさせられる
この映画に魅せられる人が多いのは何故だろう

※ここから先はネタバレになるので
これからご覧になる方はご留意ください

あり得ないようでいて、実際にニュースで
見聞きしたことがあるいくつかの話が
モチーフになっている

・子ども虐待とDV
・子どもに万引きさせる親
・幼児を駐車場に置いたままパチンコする親
・夫の後妻とその家族への恨みからの復讐
・老親の死後届けずに支給され続ける年金で生活する遺族
などなど

そういったニュースに接するたびに
「あり得ない」と眉をひそめるけれど
人間にはそれだけじゃない面がある

取調官のセリフには
マスコミやワイドショーなどで
報道される際の視点がそのまま表れている

そして、そんな風な「わかりやすい」
着地点を私たちは受け入れやすい
けれど
果たして、真実はそうなのか

人が語らない心のひだに隠れているもの
言葉にできない感覚や感情を
誰もが理解して欲しい
わかってほしいと思っているのでは
ないだろうか

万引き家族は疑似家族だけど
そこには人の温もりや
現実対応力とでもいう絆
そして
愛のようなもの
があった

翔太と呼ばれていた男の子は
これからの彼の人生をきっと自分で
切り開いていくだろうと
予感させる表情と瞳の輝きを放っていた

ゆりと呼ばれていた女の子は
虐待されていた実の両親の元に
帰っていったけれど
万引き家族で愛された記憶
大切にされた可愛がって貰った記憶が
彼女の自信になり
望ましくない体験もエネルギーに変えて
将来生き抜いていくだろうと
予感させた

是枝監督は、子どもの表情を切り取るのが
なんて上手いんだろう

そして
安藤サクラの秀逸な演技と存在感が
この作品の質をより一層高めたのではないかと思う。

 

映画「万引き家族」公式サイト