小学校に入ると日常生活のいろんな場面で
窮屈なことが増えました。

そんな時、夏休みに鳥取県の祖父母宅に
帰省していとこたちと海や川だけでなく
畑の中でさえ、一緒にいることが楽しく
てたまりませんでした。

町にはない解放感とゆったり感
採れたての野菜の美味しさ

そしてここでは、伯父や祖母が「責任者」で
日頃の「権力者」であった両親も
何となく解放されてる感じです。

蚊帳の中に布団を敷いて、
子どもだけで9人が一列に寝て
年長のいとこの怪談話に
キャーキャー言っていたり

大人はおとなで別室で朝まで話していたり

その時の思い出が胸に沁みていて
今も「いとこ会」を続けさせてくれているんだなと思います。

関連記事:夏になるとどうして海に行きたくなるんだろう

関連記事:スイカの種飛ばし

関連記事:本家の長男

【2018年7月のお題-2】(小学校入学以降)子供の頃の嬉しかった思い出を聞かせてください (くれたけ#92)