お盆を迎えるにあたり
1日早くそれも始発で
お墓参りしました。

早朝から
年代に関係なくご年配の方から
小さな子どもたちまで
あちこちからにぎやかな声が聞こえてきます。

本当は、お墓参りじゃなくて
別のところに行きたかったのに
と思いながらしぶしぶの方も
いらっしゃるのかもなぁと思いつつ

それでもいつか
その「しぶしぶ」が「よかった」に
変わる日がきっと来るんだよなぁとも
思ったりしました。

心が整わなくても
亡き人(先祖)を敬うという所作は

目に見えないところで
きっと何かに守られている

毎朝、神社とお寺に参っていた祖母の気持ちに
少しだけ近づいたような気がしました。