「鳴かぬなら 鳴かせてみよう 時鳥」
っていうのは
どこかに無理があるんでしょうね。

人にできることには限りがあり、
それ以上は見えない力に委ねるというか
「人事を尽くして天命を待つ」
というように。