ふと思い出した昔々
まだ「愛」が何かなんて、わかったような
わからない中で
「愛」という言葉だけは
あちこちに飛び交っていて
しっぽも掴めないような頃
この歌が流行っていたのでした。