五月の森林

耳をすませば

バイクの音、車の音、何かの機械の音、オーライオーライの声

学校のチャイムの音、子どもたちの歓声、オルガンの音、輪唱する歌声

鳥の羽ばたき、さえずり、一段と高く響くウグイスの声、遠くでカラスの声。。。

 

気づかなかった音が響きあっている。

運ぶ五月の風。

 

見えないところで響きあう命。

生きている数だけ音があるんだな。

振り向けば脈をうつように、時計が秒を刻んでいる。

時計