生まれた時、誰もが「限界」なんて知らなかった。
何の制限もなく、諦めずに寝返りし這い這いし、 歩き始めた。

いったいいつから「限界」なんてものを意識し始めたのだろう。
誰が「限界」なんてものを決めたのだろう。

もしかしたら「限界」なんて、どこにもなくて
あるとしたら、
それは自分の心の中の劇場に作られた仮想の空間なのかも。