ketsuatua

 

造影剤を使って検査すると
検査後の尿は紫だったり、真っ黄色だったり
するらしい。その色は造影剤の色。

静かに感動した。
およそ24時間、排尿するたびに
まるで清涼飲料水のような真っ黄色や紫の尿に、
精巧にできている身体のしくみに
感謝が湧く。

心がどうであれ、身体の中で臓器は
自分の持ち場を守り続けている。

ただそれだけのことなのだが、ただ
それだけじゃないような気がした。

不調の臓器があれば、それはその臓器が
働かないのではなくて自分がそうして
いるのではないかと思った。

身体に感謝することや、不調である
ことをやめる選択をする。
ささやかなようでいて、おおきな違い
を作る一歩なのではないかと思う。