moon-984182__340

満月を見ました。
雲の周りを、薄く黄色く照らしていました。
東南東の風がふわりと頬をなで
虫の小さな音と、電柱の明かり。

午前2時、小高い丘から見下ろす町の灯。
今度は足元を風が通り抜けていき
ただ、そのときそこに在ったものたちと
一緒に、私は満月を見ていました。

ふと、ベランダの手すりに預けっぱなしの
自分の重力を感じて、身を引きました。
月は何も言わず輝いていて、しばらくすると
雲の中へ隠れていきました。

月も雲も少しずつ、ほんの少しずつ動いて
いて、息をしているみたいだった。

moon-1054721__340