%e5%b0%91%e5%a5%b3

 

自分の中の劣等感に気づくとき、いや気づく
というより、いつも気にしていたり気になって
いたりすることなのかも知れません。

時として「乗り越えなくちゃ」だったり
「闘って」打倒しなくちゃ的に構えていたり
することもあるかも知れまん。

やっつけようとすればするほど、敵もパワフル
に燃え上がってきたりします。

「劣等感」の中に「あなた」はいませんか?
ネガティブだからダメとジャッジしたりせず
悪いもの、忌むべきものと力づくで排除しよ
うとするより「こんなところに劣等感を感じ
ているんだな」と認めてあげる方が 穏やかに
手放せたりします。

劣等感は、実は素敵な部分の裏返しだったり
します。

 

laugh-536287__340