意外なところに楠が立っていた

休んでもいいよと言っているみたいに

心地よい緑の風が心の汗もさらっていった

木はとても満足そうだった。