好きな人は、あなたの中の好きを表している

嫌いな人も、あなたの中の嫌いを表している

どちらもあなたの中に在ること

そして
憧れのひとの「憧れている」ところも
すでにあなたの中に在ること。