(画像はお借りしました)

母の住む町では今日が成人式だったようだ。
キレイ目シャツの襟元光る若者や
ふくら雀も初々しい振り袖姿の若き女性たちと
すれ違った。

たどたどしいその歩みに、数十年前の自分の姿
を思い出しつつ時代は変われど変わらないもの
を想った。

初めて振り袖を着た時、慣れない帯や長い袂に
あたふたとし、袖を草履で踏んだりもした笑

成人式に参加したからと言って
「成人」の自覚が芽生えるというよりは
いつか振り返った時、扱えなかった振り袖の
ぎこちなさが大人としてのスタートだったの
かも知れないと思い出したり。

明日は成人の日。
新成人のみなさん おめでとうございます。