広島の心理カウンセリング 【くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

ほっと一息

かけがえのない、ただ一人の自分

誰にも認められなくても自分で自分を 認められたらこれほどパワフルなことは ないでしょう。 そして、自分以外の誰かに認められれば OKだけど、誰かの承認がないと自分の 存在が不安になってくるとしたら、その 自分って誰のため …

満月を見ました。

満月を見ました。 雲の周りを、薄く黄色く照らしていました。 東南東の風がふわりと頬をなで 虫の小さな音と、電柱の明かり。 午前2時、小高い丘から見下ろす町の灯。 今度は足元を風が通り抜けていき ただ、そのときそこに在った …

スイカの種飛ばし

子どものころ、スイカは縁台を出して 外で食べるものと決まっていた。 川で冷やしてあった一俵のスイカを 親戚一同が集まって食べた。 大人たちは、日頃の積もり積もった 身内話を語らい、子どもはその傍らで きゃっきゃと言いなが …

ケニー・G

  ケニー・Gを最初に意識したのは ずいぶん前に見た映画「渋滞」 (黒土三男監督)。 挿入曲として全編に流れていた。 アルトサックスの音色が美しい。 ジャズの王道を行くのでもない。 吹奏楽のサックスとも違う。 …

そして、Yesという。

  知人宅に伺うことがあり,さぁ帰ろうという段に 「アロマで背中を流して差しあげたいんですけ ど」とのお言葉を頂く。 え!?背中の状態が気になった。最近、何と なくもたついているのを感じる。 ダンスをやめて1年 …

ふろしき

風呂敷は好きで愛用してもいる。 出張に行くときは、衣類を包むと しわになりにくいし、包み方で どんなカサにも調整できるし 触れたときに音もしない。 瓶を包んでさげたり 買い物バッグのかわりにもなり 小さいものは袱紗のかわ …

映画「ブルックリン」

前評判の高い映画だ。 ある方が2回観たけど、もう1回観たい というのを聞いて、行ってみた。 1950年代、アイルランドの若い女性が米国に 渡り、たくさんの出会いや学びを通して仕事、 恋、故郷…人生における様々な選択を迫ら …

無農薬無肥料手間無し、母の庭の野菜たち

実家の母は、庭仕事をしない。 にもかかわらず、じゃがいもやかぼちゃが 勝手に育っていたりする。 まさか、植えたりするわけないよね!? 母曰く 「皮やら中のワタやらを埋めといたら いつの間にかできてた」 ほー。。。もったい …

今だけ、さくらんぼ食べ放題

一年に1度だけ「さくらんぼ 食べ放題」を 自分に許している。 別に「さくらんぼ狩り」とかに出 かける わけではない。 さくらんぼを2パック買ってきて、 1パックを自分用にもう1パックを 仏様にお供えした後、家族で頂く。 …

いつもの景色が旅に変わるとき

広島に住んで30年以上経ちました。 馴染んでいるようでもあり、どこか まだよそよそしさもあったり。 そんな中、北海道から来広した友人 と行動を共にする中で、ただ通り過 ぎていた風景やあまり関心のなかった 例えば「広島風つ …

« 1 18 19 20 21 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP