広島の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

カウンセラーの日常

ケーキじゃない話。

  息子がケーキを3つ持って帰りました。 母に「2つ食っていいよ」と言っていたのに 昨日残っていたこの写真の1個。 今朝はかけらもなく。 夕方、仕事の帰りに一人でケーキ屋さんで カフェタイム。 ケーキはとっても …

子育てにいつまで責任を取ったらよいのだろう

誰しも子育てをしていると、 「こんなハズでは。。。」という経験や思いを きっとどこかのシーンでしてきていると思う。 親は、木に立って見ると書くように、過干渉に ならずに待つことや見守ることが大切だとよく いわれもする。 …

別れ

望まない別れが突然やってくる。 誕生が死への始まりであるように、出会いは 別れの始まりなのかもしれない。 その別れがどんな形でいつ来るのかはわからない。 距離が近づいたり離れたり、 物理的な距離と心の距離と。 別れは、ダ …

名前の由来

山陰本線に「御来屋」という駅があります。 「みくりや」と読みます。 後醍醐天皇が滞在なさった由緒ある名前です。 地名にもいわれがあるように、一人ひとり の名前にもきっと意味やいわれや、つけて くださった方の思いや願いがこ …

枕詞

  青春18きっぷで旅をしている息子から 突然電話がかかってきた。 開口一番 「かあさん。。。」 やけに明るい声。 何となく予感はしたが、次の瞬間 「申し訳ないんじゃけど、来月分の こずかいを前借させて貰えませ …

願いが叶うとき

  お盆に田舎に帰省した。 幼少時の思い出を分かち合おうと 祖父母宅で久々にいとこ会をした。 私は、みんなで食べた焼きなすや 焼きピーマンが忘れられない。 焼き茄子と焼きピーマン 畑を貸している農家の方がどっさ …

それ、本当ですか?

○○さんは、こんな人。 △▽さんは、あんな人。 ◇◇さんは、そんな人。 よく知ってる、わかってるとばかりに 断定的に言ってしまうことあったりします。 もしかしたら、 言われているほうは、こんなキャラやあんな キャラ、そん …

赤い色を捜す

見慣れた景色も、赤い色だけ探して みるとまた違った雰囲気に見えてきます。 気づかなかったことに気付けたりします。 あなたから見て、その人の動作が望ましく ないものであったとき、 例えば ちゃんと挨拶ができないのは、挨拶の …

枠、フレーム効果

あるお宅のブロック塀が1箇所だけ、こんな 風にわざと開けられていて、庭園の一部が、 まるで絵画の様にも写真の様にも感じられます。 もし、この枠がなかったら、この風景、そこから 見える草花にも目が行かなかったかも知れません …

静かに季節は動いている

お盆に帰省して、ほんの2.3日ぶりなのに 帰ってくると虫の声がすっかり変わっている。 けたたましかった蝉の鳴き声が消えている。 夜聞こえるのはリンリンリン鈴虫の大合唱。 日中猛暑が続いていても、季節は動いている ことを教 …

« 1 35 36 37 46 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP