お嬢様
あれは タコでございます。

例えビジュアルが
どんなにイケメンで
白馬の王子に見まごうたとしても
それは タコでございます

タコは
風に乗って
どこまでも高く遠く
広い大空の先まで
勝手に昇っていきます

こちらの思い通りになどなりません

ですが
その糸を手から離さなければ
またあなたのところに戻ってきます

その時は
ただ満面の笑顔で迎えてあげましょう。