広島の心理カウンセリング 【 くれたけ心理相談室 鯉城支部】門田保子公式サイト

MENU

世界の愛を受け取る(ブログ)

  • HOME »
  • 世界の愛を受け取る(門田保子カウンセラーのブログ)

帰宅したら物が勝手に動いていた件

  2日ほど家をあけて帰宅すると なんとなく物が動いてる気配を 感じた。 開いているはずがないところが あき、閉まっているはずの所が 開いている。なんか変。     息子にそれとなく聞いてみ …

”子供の頃に描いていた夢”(くれたけ#44)その夢は、どんな形で今に繋がっているのでしょう

会社からのお題7月2つ目です。 子どもの頃の夢。 いろいろありましたが、記憶にあるのは アナウンサー、物語を書く人、客室乗務員 (当時はスチュワーデスと呼ばれていました) アナウンサーは、小学校の時放送部で 校内放送のア …

ふろしき

風呂敷は好きで愛用してもいる。 出張に行くときは、衣類を包むと しわになりにくいし、包み方で どんなカサにも調整できるし 触れたときに音もしない。 瓶を包んでさげたり 買い物バッグのかわりにもなり 小さいものは袱紗のかわ …

映画「ブルックリン」

前評判の高い映画だ。 ある方が2回観たけど、もう1回観たい というのを聞いて、行ってみた。 1950年代、アイルランドの若い女性が米国に 渡り、たくさんの出会いや学びを通して仕事、 恋、故郷…人生における様々な選択を迫ら …

バランス(1)

例えば、もしそれが あなたにとって望ましい状態では なかったとしても それがあるからこそ成り立っている ことってあると思う。  

白馬に乗った王子

「なんかもう、いっそ 白馬の王子が迎えに来てくれて 『そんなことで悩まなくてもいい。 僕が守るから』って言ってくれないかなぁ」 と彼女は言いました。 「〇〇〇似だったらいいなぁ」と別の彼女が 言いました。 女子の妄想バナ …

小さくて静かな「戦い」

その人は、二人掛けのバスの席に 足を横に広げるように座っていた。 そこに、大きな買い物袋を提げた 女性が乗ってきて、袋をパチパチ 言わせながら腰かけた。 前から座っている女性は、足を寄せる 訳でもなく、体だけ窓に押しつけ …

七夕~天の川は水の祓い

子どもの頃、と言っても3歳くらいまで 毎朝祖母とともに神社とお寺に参っていた。 感覚としては祖母とお散歩していたのだと 思う。 夜就寝前に、祖母は毎日神棚の前に正座し 祝詞を唱え、次に仏壇の前に正座し心経を 唱え、いくつ …

無農薬無肥料手間無し、母の庭の野菜たち

実家の母は、庭仕事をしない。 にもかかわらず、じゃがいもやかぼちゃが 勝手に育っていたりする。 まさか、植えたりするわけないよね!? 母曰く 「皮やら中のワタやらを埋めといたら いつの間にかできてた」 ほー。。。もったい …

「あなたの”生きる原動力になるもの”を教えて下さい」(くれたけ#43)

会社からの”お題”です。 ひいて言うなら、「好奇心」「使命」「感謝」 ということになるのかなと思います。 「好奇心」は旺盛で、ピンときたりビビっと 来たら見に行きたくなる、確認したくなる 試してみたくなります。 そして、 …

« 1 75 76 77 87 »
ご予約カレンダー

最近の投稿

門田保子カウンセラーのブログ

PAGETOP