IMG_0708

子どものころ、スイカは縁台を出して
外で食べるものと決まっていた。

川で冷やしてあった一俵のスイカを
親戚一同が集まって食べた。

大人たちは、日頃の積もり積もった
身内話を語らい、子どもはその傍らで
きゃっきゃと言いながら、スイカの種
を飛ばしあい、飛距離を競っていた。

大人は、しばし子どもを躾けることから
我を解放し、子どもはそれを充分理解し

●立ったまま食べる
●口のまわりも服も足も汚れ放題
●口に入れた物をいったん出す

なんていうことを、これまた我を忘れて
スイカの種飛ばしに熱中していた。

当主の伯父だけが、縁台に腰かけ
にこにこしながら黙ってスプーンで
すくってスイカを食べていた光景は、
子ども心に意外だった。

私は今もスイカを食べるとき、立った
ままスイカの種を飛ばしてみる。
狭いマンションの、人が二人立てない
小さなキッチンで遠慮がちにだけど。

IMG_0706