そこに壁を感じるのは
壁の向こうの世界に関心があるから
突き抜けて進める
自分がいると
心のどこかで知っているから

壁を感じるのは
次への扉が開こうとする時。