手放そうとすればするほど
なかなか手放せない執着

いっそのこと、
今は手放せない自分であることを認めて
観念すると、緊張が解けて
いつの間にか手放せていたりします。

払っても払っても寄ってくるハエを
多少のうるささを受け入れつつ
様子を見る感じ、でしょうか。