小学生の時水泳指導があった。
水に濡れること自体が苦手だった。
顔を水につける練習から
プールの周りを歩いたり
ビート板を使ってバタ足をしたり
担任の先生が一生懸命教えてくれた。
泳げなかった。
学年主任の先生も根気よく励ましてくれた。
それでも泳げなかった。
スポーツ万能の筋肉モリモリの男の先生まで
登場してきて指導してくれたが
やっぱり、さっぱり泳げなかった。

こんなにたくさんの先生が一生懸命に
教えてくれるのに泳げない自分が情けなく
体育が益々キライになった。

ある日、全員25メートル泳ぎますよ
ただし、どんな泳ぎ方でも足が底につかなければOKです
みたいな日があり、泳げるようになるまで
指導しますよみたいな印象だった。

私の中の何が発動したのかわからないが
その日私は25メートルを何事もなかったかの
ように途中で立ち止まることなく
初めて泳ぎ切り、自分でも驚いた。
そして、人には「泳ぐ」という機能がもともと
ついているのだと知った。
どこかあっけないような青い空が見えるような
体験だった。

きっとどんな人生も泳ぎ切れる、その力を
私たちは持って生まれてきているのだと思う。
生まれてきたということは、そういうことなんだと思う。