%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%ef%bc%93

 

本当は、朝出かける時
「行ってらっしゃい」をして
後ろ姿が見えなくなるまで
ずっと見ていて欲しかった

結婚した時
20年ぶりに
「おかあさん」と呼べる人ができたとき
どれほど嬉しかったか

寂しかったことも
嬉しかったことも
ボクは上手く伝えられなかった

本当は
キミに触れたいのに
キミが不機嫌になるのが怖くて
いつの間にかボクは
キミの前で何も
言えなくなってしまった

寂しいとか
悲しいとか
嬉しいとか
そんな気持ちを口にするなんて
感情的でみっともないと思っていた

心の隙間に入ってきた出来事を
キミは一生許してはくれないだろう

正直、ボクはどうしたらいいのか
わからなくて途方にくれている

だけど
言っておきたいことがあるんだ
正直に伝えておきたいことがある
家族が何よりも大事だというキミに

 

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%ef%bc%92