遺影の入った額は、たいてい黒のフチです。
故人を際立たせる役割もありそうですが
この枠の中の人、という印象も受けます。

人は誰しも自分の枠の中で生きています。
その枠に応じて、聞きたいように聞き
見たいように見ています。
枠に応じて、解釈しています。

時には、自分の枠をはずしてみる
枠外に出てみるのも良いかも知れません。
枠がはずせるのは生きているうちの特権
なんじゃないかなって、遺影を目にして
思ったことです。