屋上展望台「ひろしまの丘」

おりづるタワーは原爆ドームの隣、道路
をはさんで向かいに位置します。

建築家三分一博志氏の設計で、屋上展望台から
眼下には原爆ドーム、爆心地となった島医院、
広島の街が遠くまで見渡せます。
吹き抜ける風に身を預けていると
広島の今を目にしながら、不思議な感覚に
いざなわれるのを感じました。

まるで映画「この世界の片隅に」を見たときの
ような感覚とでも言うのでしょうか。
今ある「普通の」平和や、何気ない日々の
暮らしがかけがえのないものに思えてくる
そんな感覚です。

おりづるタワーに実際に足を運ぶまで、実は私
誤解していました。原爆ドームを見下ろすなん
てと。
そうではなかった。

原爆の悲惨な状況を伝えるだけが平和を守る
ことではなく、今ここにある広島から過去に
思いを馳せ、未来を見据える場。
それがおりづるタワーではないかと思います。

1階のカフェから街路樹を見るとまるで
ヨーロッパのどこかに来ているような感覚に。
長く広島に住んでいますが、この角度で見たこ
とありませんでした。

カフェでは軽食もあってくつろげます。
お一人でもお二人でも、ご家族でもぜひ1度
足を運ばれてみてください。