christmas-kids-1073567__340

 

父の月命日を口実に実家に帰ってきました。

「要支援2」の母が一人で暮らしています。

歩くときに杖を必要とする以外は、いたって元気です。

玄関に迎えに出てくれたのですが、見ると何やら見覚えのあるピンクのズボン?パジャマ?

……ん?もしやそれ「私が中学校2年の時の家庭科で作ったパジャマなんじゃないの?」

母「いろいろ試してみたんじゃけど、これが一番着心地がいいんよ」

 

は?!(いろいろの中身を聞くのがコワいよ~)

母「保子のを○○(妹)が着とって、もう着んって言って置いとったんよ」

え?!(そりゃ、処分しといてってことなんじゃないの?それもいったいいつの話?)

もう、もったいおばけったら奥が深すぎ!!

もったいないおばけについてはコチラ➡もったいないオバケの老後とは?

 

母は、洋裁をするので「いきいき」とかそういう雑誌を見ながら、リフォームしたり

ちょっとした端切れで自分のパンツを作ってはいたりもしているのですが

かつての自分の中学校の家庭科教材のパジャマを、今日この日見るとは思いませんでした。

次はいったい何がでてくるやら。。。

 

witch-982938__340