この一瞬が永遠のように
私たちは都合よく勘違いしている
けれど

いつもいつもいつも
それは一瞬一瞬一瞬のことで
今ひとたびのこの瞬間を
最後の一息だと意識して
生きていたい。