単身赴任している従弟が
赴任先の近くらしい光景をラインしてくれた。

かつてともに過ごした夏の日の
田舎の光景に似ているから
って。

ありふれた日常は
特別な光景となり
心に刻まれた絵になるのかも知れない。