「理想の父親像、母親像」と聞いて
真っ先に浮かんだのは、畏れ多くも
両陛下でございます。

***

やはりどんなに探しても「理想」は
それ以上に描けないので
庶民の私が、
こんな家に帰りたいと思う実家像を
イメージしてみますと
それは、ズバリ「寅さん」の実家です。

本当に普通の庶民が、お互いを思いやり
「しょうがないわねぇ」と言いながら
日々の生活を大切に生きている。
根底には愛情がこんこんと湧いて溢れている。

過剰な期待をするのではなく、現実を
受け取りつつそれぞれの幸せを願っている。

おいちゃんとおばちゃんがいて
さくらさん一家がいて寅さん。
寅さんがいなかったらあの家も寂しいと思うなぁ。

そして、両陛下ももしかしたら
「寅さん」の世界を楽しまれたことが
おありなのではないかしらと
誠に勝手で不遜極まりない妄想が広がっている。

【2018年3月のお題-2】
あなたの「理想の父親像、母親像」を教えてください(くれたけ#84)