今回のお題、実は少々悩みまして
ほとんど後悔していないといいますか
完了してしまってる感じで
それは、決して理想通りだったわけではなく
足りないところだらけの中
それがその時の自分の全てではなかったのかな
と。
再確認することができたお題でもありました。

そんな中、絞り出しました笑
思い出しました。

「言いたかったひとこと」

あれは伯父がまだ健在だった時の祖父母の
法事の帰りのことです。

何年かぶりで大好きな伯父に会えたのですが
もうここで別れると言う時、私は何故か
今伯父と話さないと、この先会話できることは
もうないのではないかというような気がしていました。

ですが、もう車に伯父を乗せ始めた従兄姉たち
の動きを止めるのは気の毒な気もして躊躇していました。
あれよあれよという間に伯父を乗せた車は発車しました。

帰りのバスの中で、私は一人涙が止まらず
なぜあの時、車を止めてでも
伯父に駆け寄らなかったのか後悔の涙があふれました。

予感は的中し、翌年の初夏に伯父は彼の岸の人になりました。

別れの予感がする時の感覚をこの時、教えて頂きました。

【2017年10月のお題-2】
「言えなかったひとこと」この言葉で連想した思い出を語ってください(くれたけ#74)