画像は公式HPよりお借りしましたこの世界の片隅に

複数の友人知人から、いいよ!絶対見てね!
とお伝え頂いていましたが、ようやく観る
ことができました。

この映画は、戦時中のことを描いていますが
いわゆる感情に訴えたり、意義を唱えたりの
戦争ものではなくて、
見終わった後に残っているのは
大切な人がもっと大切に感じられる
温かい気持ちでした。

金曜の夜満席の会場で、
エンドロールが始まっても
クレジットの途中で席を立つ人は
誰一人いなくて、きっと言葉を越えた感覚が
観客席全体を包んでいたのではないかと
思います。

もう1度観たいと思える映画に
久しぶりに出会いました。

予告編でこの映画の良さは、正直伝わり
にくいかなと思いつつ貼っておきますね。