「こだらかいて」とは、
祖母の口からつぶやくように出ていた言葉で
鳥取県中部地方独特の表現なのではないかと
思います。
味があって深く、標準語にとって変わる言葉
が見当たりません。

なので、うまく表現できないのですが
・気づかれないように丸め込む
・誘導しているとわからないように導く
・ごく自然にそうなるようにゆっくり
時間をかけてなだめすかす。
なだめられてると気づかれないように。

ただ説得するとか、導くというのとは
微妙にニュアンスが異なる感じで、さも
自然なやり取りの中で「こだらかいて」
る側は対象者を導いているというか。

例えば、小さな子がやんちゃで言う事を
聞かない場合、しかりつけるのではなく
祖母曰く「こだらかいて、こだらかいて」
接するという風に。

山陰の人間は、目の前の人のいう事を
先ず否定しません。
肯定して受け取るところからスタートします。
温和で争いを好まない日常の中で
こんな裏技的コミュニケーションが
それを支えていたんだなと思ったりします。

方言には、
その地方独特のコミュニケーションがあり
温かみや歴史が息づいていて興味深いです。
もっと方言が使われて欲しいし、語られて
欲しいなと思います。