冬型の寒い天気で灰色の雲が垂れ込めて
いましたが、まさか雨が降るとは思いも
しませんでした。

会場に着く手前でパラパラと降り始め
帰るころには、すっかり雨模様でした。
わ、どうしようと心がざわつき始めた
のとほぼ同時に担当の主事さんが、1
本の傘を差しだしてくださいました。

朝、モンデンの顔が脳裏を横切り家を
出るとき傘を持って来られたとのこと。
温かさが胸いっぱいにひろがり、全身
に沁みわたりました。

img_1708