本のご紹介です。

「期待に応えない生き方」石原加受子著

 

IMG_0353

 

周囲の期待に応えようとしていつの間にか、
苦しさや、辛さを抱えてしまってた。

「正しく」こう「あるべき」だからやらなきゃ。
やりたいかどうかより「べき」が積もって「壁」になってしまったり。

自分の感性を取り戻そうと言われても、
何が自分の感性なんだか?
もう考えるのも面倒になってしまった。

そんなあなたにおススメの1冊です。
平易な言葉でわかりやすく
あるあるな事例も入っていて読みやすいです。

 

「断捨離」しなきゃしなきゃと思っていて
いっこうに進まない私
思わずビンゴな事例に苦笑しつつ、
「断捨離できなくて残念な気もち」と
「捨てられない思いがある自分」を味わってみました。

自分にいいね!をつけたくなりました。

 

移動中に気軽に読めて、ふわっと気づきのある1冊です。