%e3%81%84%e3%81%a1%e3%81%98%e3%81%8f%ef%bc%92

 

いちじくは、大衆的なようでいて
けっこう値の張る果物だと思う。

母は、自分の実家の庭に無花果があり
子どもの時から、食べきれずぽたぽた
と実が落ちて鳥が食べていた=無料
というか、わざわざお金を払ってまで
食べるものではないという感覚がある。

妹は、(値が張るので)そんなしょっちゅう
買えない。だから、自分用に買って誰もいない
お昼に、こっそり一人で食べるのが楽しいと
言っていた。

彼女は、いわゆる良妻賢母型の専業主婦で、
家族優先家事万全な生活をしている。私は
彼女と真逆な生活をしてきたが、食べること
に関しては大切にして子育てをしてきたと
思っている。

が、いちじくを自分用にだけ買ってたまに
こっそり食べていたのは同じだった笑

時々、理想とかけ離れたことをわざとやって、
日ごろ背伸びしながら頑張ってる自分と折り
合いをつけていたんだろうか?

先日実家に帰省し、スーパーで一緒に買い物
をした時、妹がさかんに
「お姉ちゃん、いちじく買わんでいいん?」
と言っていたが、私は今回はぶどうにしよう
と言って気にかけていなかった。
もしかしたら、妹は実家で堂々といちじくを
食べたかったのかもしれないなぁ。

妹も私も子らは次々と独立し、「こっそり」
なんてどこにもない環境になってしまったの
だけれど。