海辺の親子

その子はぐずぐずとだだをこねていた。
あーもう嫌だぁ。あーんわーん。
泣き声も加わり、鼻をすする音も聞こえる。

何が起こっているんだろう!?
気になりつつも振り向けなかった。
どんどん大きくなる子どもの泣き声。

しばらくして「そうなの?」という低い声が聞こえた。
相変わらず、その子のだだこねは続いている。

IMG_0207

川を眺めているうちに、
その親子は私を越して先を歩いて行った。

その子は、だだこね声とは裏腹に、
元気よく規則正しく右手を振っている。

左手はしっかりとつながれている。
歪みのない身体は真っすぐで
二人の歩調はシンクロしている。

何だか笑いが込み上げてきた。
パパやるね~。

可笑しくってちょっぴり懐かしくって
微笑ましかった。