父とはそんなに仲が良い親子という訳では
ありませんでした。

「大山に行く」と言った時、父が
「行くじゃない、『参る』と言え」
と言った一言は
ずっと私の胸に残っています。

何でもないことのように思えるかも
知れませんが、私はこの一言のお陰で
いろんな意味で方向性を誤らずに来れている
のではないかなと思っています。