ボランティアガイドの当番日でした。
酷暑の中、縮景園には国内外からお客様が
いらっしゃいます。

午後1時半頃からの真上にお日様がいる時間に
名古屋からのお客様をご案内致しました。
お客様もガイドも、汗をふきふき歩きました。

元気なお客様。1時間近くもずんずん歩かれて
全体を見渡せる「超然居」をご案内した時
腰かけて、景色を眺めながら
「あ~いいなぁ。この感じ」と言って
とても寛いだ表情を見せてくださいました。

風がす~っと吹いていきました。

涼しいというのとはちょっと違う心地よさを
感じました。同時に
「気持ちいいなぁ~」とつぶやかれたお客様。

太陽の位置も気温も変えられない。
だけど
逆らわず、かと言って耐える訳でもなく
あるがままに受け入れた時、風は吹く。

きっと人生もそうなんだね
生きるって、そういうことの連続なのかもね
そんなことを想った
きょうのボランティアガイドでした。